【和歌山】大島漁港にてオニカサゴが釣れました!(5月上旬)

オニカサゴ
スポンサーリンク

大島漁港のオニカサゴ:釣り場

・和歌山県東牟婁郡串本町:大島漁港

・アクセスhttps://goo.gl/maps/eFKixSYTkXUsPYMC9

今回は和歌山県串本町の大島にやって来ました。

釣具屋の店員の方に「ここは釣れるよ~」との情報を頂いたので、早速調査にやって来ております。

前回年始に串本でアジやムツがたくさん釣れたので期待も大きいです。

(前回の釣行)

【和歌山】串本漁港にてアジが釣れました!(2019年1月上旬)
串本漁港のアジ:釣り場 ・和歌山県東牟婁郡串本町:串本漁港 ・アクセス: 今回は和歌山県の串本にやってきました。 狙いは地磯やごろた浜の調査とそこに居つく尺メバルです。 しかしながら尺メバルは不発、あたりが1度あっ...
スポンサーリンク

大島漁港のオニカサゴ:釣行時間

・釣行時間:PM0時~PM6時

スポンサーリンク

大島漁港のオニカサゴ:使用釣具

・イッセイ海太郎(Issei Umitaro) ワーム 旨はたグラブ 3.8インチ

・カツイチ(KATSUICHI)キロフック ワーム17 1/0号

・TAKAMIYA(タカミヤ) FALKEN R バレットシンカー CM-599 5/8oz

大島周辺の海底は岩肌がゴロゴロしており、根掛かりが頻発します。

しかしながら大型の根魚はそのような根掛かり頻発ゾーンにたくさんいるんです。

そんな時に使用する釣法がテキサスリグです。

バレットシンカーにラインを通し、オフセットフックに結びます。

ワームをオフセットフックに刺して完成。

これによってバレットが先に着底したとき、ワームは着底間際のところでふわふわしているので根がかり率が激減します。

僕はよく17.5gのバレットと、海太郎の旨はたグラブ ロックフィッシュSPカラーを使用します。

スポンサーリンク

大島漁港のオニカサゴ:釣り方

①沖に向かってフルキャスト

②ボトムを取る。

③3回~5回「ちょんちょん」としゃくり上げる。

④テンションフォールで再びボトムを取る。

⑤3回~5回「ちょんちょん」としゃくり上げる。 ※時々ロングリフト&フォールを加えます。

⑥以降③~⑤の繰り返し。

後はポイントにキャストしてボトムを取り、ちょんちょんとアクションしたり、ロングリフトしたり、たまに放置したり。

ただボトムから離れすぎると釣果が激減するので、そこは要注意です。

常にボトムを意識しましょう。

スポンサーリンク

大島漁港のオニカサゴ:釣果

・釣果:オニカサゴ1匹、カサゴ1匹
思いっきり沖にキャストして駆け上がりの部分に差し掛かった時「コンッ!グングンッ!」というように、強烈なあたりが来たので必死で巻き上げると

良型のカサゴが釣れました。

すごい引きをしてくれましたが、これでも尺行かなないのですね…いつか尺ガシラを釣ってみたいものです。

そのご立て続けに「コンッ!」というあたりと共に今度はオニカサゴが釣れてくれました。

オニカサゴが上がってきた時は「カサゴかな…?いやこれ毒あるや!」となりました。

スポンサーリンク

大島漁港のオニカサゴ:調理方法

釣れた魚はその土地の魚のポテンシャルを確かめるためにお刺身にしました。

カサゴの刺身

身が分厚くてもちもちで、脂が乗っているのに上品な白身の味がして、最高のお刺身の1つだと思います。

大きい固体の刺身は本当に美味しいです。

レシピ詳細:【時短料理】釣れたカサゴのお刺身レシピ(姿造り)

オニカサゴの刺身

身はカサゴと似ているのかと思いましたが、かなり違うようで、身の透き通り方がすごく、歯ごたえが強くて旨味が強くて高級なお味がしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました