【全フィールド対応】ドリームコンスリー88H インプレ

ロッド

「ライトゲーム、ミドルゲーム、ハードゲームとオーランドに使えて、なおかつ軽量で操作性の良いロッドはないか?」

そんなコンセプトの元探して見つけたのがこのドリームコンスリー88Hというロッドでした。

ドリームアップは数多くのアングラーから絶大な支持を得ているロッドメーカーですが、その中でもドリームコンスリー88Hは極めて高い人気を得ています。

ロッドのカテゴリー的にはミドルゲームの部類に入るのですが、ロングレングスによるキャスト飛距離、強靭なブランクよる大物との安定したファイト、幅広いルアーウェイトへなど、ミドルゲームの域に留まらないとっても素晴らしいロッドです。

ライトゲーム、ミドルゲーム、ハードゲームまで活躍してくれる最高のロッド、ドリームコンスリー88Hについて、実際に使って感じた使用感、釣れる魚を解説しようと思います。

ドリームコンスリー88Hはこんなロッド


出典:公式HP

ドリームコンスリー88Hのインプレッションを紹介する前に、ドリームコンスリー88Hがどのようなロッドなのかを以下の順で紹介いたします。

①大型の根魚と戦えるバットパワー

②ロングレングスによる圧倒的な飛距離

③幅広いルアーウェイトによる適応力(6g~30g)

④自重の軽さによる抜群の操作性(98g)

記事をご一読いただけると、とっても素晴らしいロッドなのがお分かりいただけるかと思います。

大型の根魚と戦えるバットパワー


出典:公式HP

バット部分の強靭さは1kgのおもりをぶら下げた時のロッドの曲がり具合を見てもお分かりいただけるかと思います。(上の画像参照)

ドリームコンスリー88Hを購入して実際に観察したところ、バッドからブランクにかけて太く、ティップから先端にかけて細くなっている作りが目立ちました。

いわゆるファーストテーパータイプのロッドなのですが、このためにロッドの腰が強く、大型のロックフィッシュをかけた場合でも、一気に根から剥がすことができます。

このメリットは大きく、夕まず目などの時合の際に大型の根魚をテンポよく釣っていくことができます。

実際に、時合のタイミングで40cm超え含めた良型のベッコウゾイを連続でテンポよく釣り上げることが可能でした。

バットが強いとファイトが安定するので、ドリームコンスリー88Hは大型の魚が来た際でも安定したやりとりが可能です。

自重の軽さによる抜群の操作性(98g)

ドリームコンスリー88Hはこれほど強靭なロッドなので、重量が重そうに見えますが、ロッドウェイトはなんと98gと、100gを切っています。

普通、同じぐらいの強度の竿だと170gくらいの重量が相場です。

下手なのエギングロッドよりも軽いほどです。

これはドリームコンスリー88Hが「ワームを左右にダートさせる釣りに特化させている」というコンセプトで設計されているためです。

操作性は抜群で、ロッドを軽快にしゃくることが可能です。

『参考:ドリームアップ倉本社長のダート釣法の動画』

いくら強靭でも、重いロッドだと操作性が悪くてすぐに手首や腕が疲れてしまいます。

さらに、ロッドが軽いので感度が高く、魚からのコンタクトを手に触れられているレベルで感じ取れます。

結果として的確にフッキングを決めやすいです。

幅広いルアーウェイトによる適応力(6g~30g)

ドリームコンスリー88Hが対応するジグの荷重範囲は6g~30gと幅広く、随分軽いジグから重いジグを扱うことができます。

メーカーの推奨最低荷重は6gですが、自分は3gのダートジグヘッドでライトゲームも難なくこなせています。

『3gのダートジグヘッドとワームでメバリング』

また、上限は30gまでキャストすることができるので、例えば大潮で潮流が速い釣り場で、

「20gでは底を取りずらいが、28gなら何とか底を取れそうだ…」

というようなケースで活躍することもあります。

例えば沖磯などに行くと、潮流が速い上に水深が深いことが多いので、そういった場面で活躍することも多いです。

繰り返しになりますが、重いジグをキャストできる強靭なロッドならいくらでもあるのですが、ロッドの軽量さと、ヘビージグがキャスト可能な点を両立させているとろがドリームコンスリー88Hの重要なポイントです。

ロングレングスによる圧倒的な飛距離

ドリームコンスリー88Hの長さは8.8フィート、約2.64mと長いので、ロッド長さのモーメント力を活かしたキャスト飛距離がとても長いです。

目測では90m以上の飛距離が出ています。(※PE08使用)

加えて扱えるジグの重量が大きいこともあるので、空気抵抗に逆らった遠投もできます。

例えば、風が強い日に、ジグの重量を活かして風に逆らったキャストをする事も可能です。

この手のロングロッドは重たいのが通例ですが、前述した通り、ドリームコンスリー88Hはに軽く設計されているので、飛距離も出せる上にキャストフィールも軽いという両立を成し遂げています。

例えば漁港内で魚の反応が無い時に、その装備のまま遠投が必要なサーフに移動して釣りを転回することも簡単にできます。

『サーフに移動直後、ヒラメが釣れました。 ※撮影はコンクリート上』

様々な状況にフレキシブルに対応可能なところも魅力的なところです。

ドリームコンスリー88Hのインプレッション

ドリームコンスリー88Hのイメージをなんとなくお分かりいただけたと思いますので、ここからは実際に釣行に使用したインプレッションをお伝えしようと思います。

フラットフィッシュゲーム

70cm超えの座布団ヒラメをテトラ際でかけましたが、主導権は一切与えませんでした。

腰の弱いロッドならテトラで根ずれし、ラインブレイクで取り逃がしていたかもしれません。

ショアタイラバ

ドリームコンスリー88Hは重いジグを遠投できるので、沖の深場で潮流が速い場所を攻める真鯛ゲームでも活躍してくれます。

良型の真鯛がかかりましたが、バットパワーでぐいぐいこちらに引き寄せることが可能でした。

ロックフィッシュゲーム

7gのダートジグヘッドにてボトムワインドで良型のタケノコメバルが釣れました。

ドリームコンスリー88Hはこれくらいのロックフィッシュなら楽々根から剥がすことができます。

シーバスゲーム

シーバスは楽々やり取りが可能で、ややオーバーパワー気味ぐらいでした。

50cmくらいのシーバスならたも網が無くても抜き上げることができます。

ライトゲーム

状況に応じて3gのジグヘッドにてライトゲームを楽しむこともできます。

特に晩秋などの気温が下がってきたタイミングで、魚の反応に合わせてジグヘッドをライトなものにスイッチできるのがありがたいです。

ドリームコンスリー88Hで様々なフィールドを攻略

ドリームコンスリー88Hはロックフィッシュゲーム、シーバスゲーム、ショアタイラバ、フラットフィッシュ、ライトゲーム、海で遊べるルアーゲームのほとんどをこの一本で対応することができます。

販売価格は5万円近く高額ランクなロッドですが、各釣りに合わせて数本のロッドを揃えることと比較すると、とてもコストパフォーマンスに優れていることが分かります。

様々な局面をこの一本で幅広くカバーしてくれるので、ロッドを多数持って行く必要がなくなり、フットワーク軽くランガンしながら、様々な局面に応じて臨機応変に素早く対応できる点が最も魅力的です。

特に地磯、ごろた浜などの足場が悪い場所でのランガンでは非常に動きやすく、同行者との釣果の差が出ることも多いです。

ドリームコンスリー88Hの適合リール

ドリームコンスリー88Hの適合スピニングリールの目安は、

・DAIWA製のリールなら:LT3000~4000番程度

・SHIMANO製のリールなら:3000~4000番程度

となっています。

自分はDAIWAの19セルテートLT3000-XHを使用しています。

こちらも素晴らしいDAIWAが誇るリールです。

【DAIWA最強リール】19セルテートLT
釣りを始めて数年経ち、自分の技術が上がるにつれて初心者の頃から使用しているリールのスペックに不満を持つようになりました。 具体的にはリール重量ゆえのアクションのし辛さや、強力なファイト時のリールフットのたわみ、ロックフィッシュを根に潜...

剛性に優れ、かつ軽量なのでドリームコンスリー88Hにぴったりなリールですよ。


ドリームコンスリー88Hで釣りの常識を打ち破れ!

ドリームコンスリー88Hは様々な局面に使え、なおかつパワーに秀でているドリームアップ屈指の人気のロッドです。

「様々な局面に対応するために複数のロッドを持って行かなければならない。けど荷物が多くて大変だ。」という悩みを取り除いてくれる、釣り人の強い味方です。

自分も購入する前は「本当にそのようなロッドはあるのか?」と思うふしもあったのですが、実際に使用してみて、メーカーが言っていることが本当だということが分かりました。

間違いなく買ってよかったロッドナンバーワンだと確信を持って言えます。

この記事を読まれて興味を持っていただけた方は、是非釣行の相棒にしてみてはいかがでしょうか。

高価格帯のロッドではありますが、とらえ方次第では非常にコストパフォーマンスに優れたロッドです。

これから様々な釣り場で色々な種類の大型魚を仕留められることを応援しております。

最高の操作性と強靭なパワーをぜひお楽しみください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました