【和歌山】加太港にてキジハタが釣れました!(2019年7月下旬)

キジハタ
スポンサーリンク

加太港のキジハタ:釣り場

・和歌山県和歌山市:加太港

・アクセスhttps://goo.gl/maps/KLEcQhV9GYwC39aA6

今回は和歌山市の加太港にやって来ました。

ここは年始に良型メバルを釣ることができた個人的にお気に入りのスポットです。

(以前の釣行)

【和歌山】加太港にて過去最大サイズのメバルが釣れました!(2019年1月下旬)
加太港のメバル:釣り場 ・和歌山県和歌山市:加太港 ・アクセス: 今回も和歌山県の加漁港にやってきました。 僕は電車でよく三重に行くのですが、車の場合、奈良から和歌山は阪奈道が利用できるのでこちらに来ます。 加太港...

加太港の防波堤は土日祝日はたいてい人でにぎわっていて、近場の根魚はほぼ釣られているか、すれてしまっています。

ですので僕はいつもライバルが比較的少ないテトラ帯に降りて釣りをします。

ここは基本足腰の強い若者しかこれないので、お年寄りや家族連れはライバルから排除されます。

実際に今年の冬に大きなメバルを釣ったのもこのポイントです。

スポンサーリンク

加太港のキジハタ:釣行時間

・釣行時間:PM1時~PM7時

スポンサーリンク

加太港のキジハタ:使用釣具

・イッセイ海太郎(Issei Umitaro) ワーム 旨はたグラブ 3.8インチ

・カツイチ(KATSUICHI)キロフック ワーム17 1/0号

・TAKAMIYA(タカミヤ) FALKEN R バレットシンカー CM-599 5/8oz

シンカーの重量は潮の流れを考慮し、ぎりぎり底を取れるできるだけ軽めのシンカーを使います。

これはアクションさせた時に、軽いシンカーだとボトムからの滞空時間が長くなるので、根魚に発見してもらう時間が長くなるためです。

また、この日は表層付近にベイトがちらほら見受けられたので、銀シラスカラーを使いました。

(テキサスリグについてご存じない方は以下の記事で解説しているので、合わせてご覧ください。)

【ロックフィッシュ】コスパ重視!テキサスリグセット
僕は根魚が大好きで、よく地磯や根が荒い堤防に出向いたりするのですが、そのような釣りについて回るのが「根掛かり」ですよね。 釣りを始めたての頃は多数のメタルジグ等をロストしました。 当時は本当に「釣り辞めようかな…」と思うほどに嫌...
スポンサーリンク

加太港のキジハタ:釣り方

①沖に向かってフルキャスト

②ボトムを取る。

③3回~5回「ちょんちょん」としゃくり上げる。

④テンションフォールで再びボトムを取る。

⑤3回~5回「ちょんちょん」としゃくり上げる。 ※時々ロングリフト&フォールを加えます。

⑥以降③~⑤の繰り返し。

竿抜けポイントめがけて、できるだけ沖の方にキャストして「ちょんちょん」とアクションしたり、リフト&フォールしたり、時々ステイさせてみたり、色々なパターンを組み合わせて、その日のヒットアクションを見つけます。

1つ共通して守るべきポイントは『ボトムから離れすぎないこと』です。

定期的に着底させれば問題基本的には大丈夫です。

この日は上記の釣法で1匹目にキジハタが釣れました。

スポンサーリンク

加太港のキジハタ:釣果

・釣果:キジハタ1匹、カサゴ4匹

釣果としては良形カサゴが4匹、キジハタ1匹という結果でした。

夏のロックフィッシュは本当に楽しいてす。

スポンサーリンク

加太港のキジハタ:調理方法

釣れたキジハタ等は色々な料理にじました。

キジハタの酒蒸し

キジハタの身はふわふわでジューシー、汁にも出汁が出ていて、生姜の香りが効いてて日本酒にぴったりの最高の味でした。

レシピ詳細:【時短料理】釣れたキジハタの酒蒸しレシピ

カサゴの酒蒸し

カサゴは熱を通しても身がぷりぷり。キジハタとカサゴは身の見た目はかなり似ているのに、味ははっきりと違います。

レシピ詳細:【時短料理】釣れたカサゴの酒蒸しレシピ

カサゴの塩焼き

シンプルだけどなかなか美味しいこの調理方法、忙しいとき時間がないときによくやります。根魚の塩焼き美味しいんです。

レシピ詳細:【時短料理】釣れたカサゴの塩焼きレシピ

カサゴの松笠造り

定番になってきてますが、相変わらず何度も作ってしまう一品です。

僕は普通の刺身よりこちらの方が好きです。

レシピ詳細:【時短料理】釣れたカサゴの松笠造りレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました