【和歌山】勝浦漁港にてカサゴがたくさん釣れました(2019年6月上旬)

カサゴ
スポンサーリンク

勝浦漁港のカサゴ:釣り場

・和歌山県東牟婁郡那智勝浦町:勝浦漁港

・アクセス:https://goo.gl/maps/TP4ewGc3Mze9qrJQ8

今回は和歌山県の勝浦漁港にやって来ました。

狙いはブルーバックの尺メバルです。

今回の釣行ではたくさんの面白い魚と出会うことができました。

スポンサーリンク

勝浦漁港のカサゴ:釣行時間

・ナイトゲーム:PM7時~AM1時

スポンサーリンク

勝浦漁港のカサゴ:使用釣具

・JAZZ(ジャズ) 尺ヘッドDXマイクロバーブ Rタイプ 3g

・Berkley(バークレー) ワーム ガルプ! SWベビーサーディン 2インチ

ガルプベビーサーディンのチャートカラーは始めていった漁港でも間違いなく釣果を上げてくれる、頼れる相棒です。

(ベビーサーディンについては以下の記事で紹介していますので、よろしければご参照ください。)

【おすすめワーム】ガルプベビーサーディン(Glup!)
反則すれすれの餌級ワームのガルプベビーサーディンの ・おすすめカラー ・保存方法 ・携行方法 などについて解説します。 一部の釣り人の中では「ガルプは釣れて当然、ガルプは餌同然、せこい!」という声が上がったりし...
スポンサーリンク

勝浦漁港のカサゴ:釣り方

①沖に向かってキャスト

②着水後にボトムに着底させる。

③1度しゃくりあげ、1秒間に1/2回転のスピードでリトリーブ

今回はボトム付近にてたくさんの釣果があがりました。

珍客としてシタビラメがつれました。

一瞬怯みましたが、よく見ると舌平目っぽかったので確認してみるとシマウシノシタという美味しい魚でした。

スポンサーリンク

勝浦漁港のカサゴ:釣果

・釣果:カサゴ3匹、メバル1匹、アナゴ2匹、シマウシノシタ1匹

本当にたくさんの魚種が釣れました。

足元でアナゴがうろついていたので、たも網で捕獲しました。

この日はハモやウツボも見かけました。夜の海は本当に面白いですね。

スポンサーリンク

勝浦漁港のカサゴ:調理方法

釣れた魚は色々な料理にしました。

アナゴの天ぷら

アナゴは捌き方を調べて、見よう見まねでなんとなく切ってみました。

思ったよりは上手くできたかなと思います。

そしてその後、定番ですが天ぷらにしました。

当然というか間違いないと言うか、かなり美味しかったです。

身はふわふわでジューシー、アナゴは他の魚にはない美味しさがあります。

レシピ詳細:【時短料理】釣れたアナゴの天ぷらレシピ

シタビラメのムニエル

シマウシノシタはムニエルにしました。

身はしっとり系で、上品な白身魚の味がしました。

バルサミコ酢をかけても美味しかったです。

レシピ詳細:【時短料理】釣れたシタビラメのムニエルのレシピ

カサゴの煮付け

カサゴは煮付けに。

サイズが大きいのでお皿からはみ出してしまいました。

大きいガシラの煮付けは肉厚でぷりぷりで旨味も濃く最高の料理の一つだと思います。

レシピ詳細:【時短料理】釣れたカサゴの煮付けレシピ

メバルの煮付け

こちらのメバルもカサゴに劣らず型が良いので肉厚で美味しかったです。

メバルとガシラの煮付けの食べ比べもなかなか面白いです。

メバルはカサゴより身がふわっとしています。

レシピ詳細:【時短料理】釣れたメバルの煮付けレシピ

カサゴの刺身

贅沢に2匹分のカサゴを全てお刺身にしました。

ガシラのお刺身は美味しい白身なので、いくらでも食べることができます。

レシピ詳細:【時短料理】釣れたカサゴのお刺身レシピ(姿造り)

コメント

タイトルとURLをコピーしました