シーバス釣れすぎコアマン(COREMAN)ルアーbest3

シーバス

デイゲームのシーバスにおいて圧倒的なパフォーマンスを見せてくれる、コアマン(COREMAN)のルアーについて、おすすめbest3を紹介します。

スポンサーリンク

コアマン(COREMAN)とは

コアマンとはシーバス釣りのスペシャリスト・泉 裕文氏の立ち上げた日本の釣具メーカー。アイアンプレート、パワーブレード、アルカリシャッド、バイブレーションジグヘッドなど、多くのシーバサーに指示されるヒット商品を輩出しています。

引用元:楽天市場

スポンサーリンク

best3-コアマン(COREMAN)IP-18

ロングに投げて、大きく寄せて、そして、しっかりと食わせる。
テストにテストを重ねて到達するコアマンスプリットが生み出した、
IP-26アイアンプレート。間違いないです。

出典:コアマン公式HP

メタルバイブレーションのテクニックである「早巻き」や「超高速早巻き」に完全に対応しており、ディープレンジからミドルレンジにかけて高速で探索できるこのIP(アイアンプレート)が3位に入りました。

コアマンIP-18のポイント

飛距離


バイブレーションで重要になってくる飛距離に関して、IP(アイアンプレート)はバイブレーション系ルアーの中でも圧倒的に飛ぶルアーになります。長距離をあっという間に探索できるので、広範囲をどんどんランガンしていく釣りに最適なルアーです。

集魚効果


バイブレーションによる強い波動と、その際に発生するフラッシングによって高い集魚効果を発揮します。

コアマンIP-18の釣果

潮目に向かってキャストし、高速リトリーブで通してくると釣れました。

コアマンIP-18のお勧めカラー

・イワシゴールド

・イワシハラグロー

出典:コアマン公式HP

水がクリアなエリアではイワシハラグローのようなナチュラルカラー、ベイエリアなどの水に濁りが入っているエリアではイワシゴールドという使い分けをすれば大丈夫です。

コアマン(COREMAN)IP-18の実釣動画

スポンサーリンク

best2-コアマン(COREMAN)PB-13

この最小シルエットによる明らかに違う高い食わせ能力は、
これまでのすべてを超えていくパワーを秘めています。
シーバスはもちろんのこと、メバルやアジなどのライトゲームでも
突出したパフォーマンスを発揮します。間違いないです。

出典:コアマン公式HP

堤防の際や、テトラ帯の沿い、潮目の表層をただ巻いてくるだけで釣れてくれるPB(パワーブレード)がBEST2位に入りました。

コアマンPB-13のポイント

スローアクション


PB-13は13グラムと軽く設計されていて、表層をゆっくりとしたリトリーブ速度で巻いてこれます。結果として表層を意識した魚にしっかりアピールすることができます。特に動きの遅いマイクロベイトを捕食しているシーバスに効果てきめんです。

集魚効果


リアブレードが強烈なフラッシング効果を生むので、デイゲームはもちろんナイトゲームでも、常夜灯周りや満月の日に表層をゆっくり巻いてくると、狂ったようにシーバスやメバルが食ってくることがあります。

コアマンPB-13の釣果

満月大潮の月明かりが強い日に、マイクロベイトパターンボイルが発生しているポイントのやや向こう側に向かってキャスト、スローに巻いてくると、シーバスやメバルが釣れてくれました。

コアマンPB-13のお勧めカラー

・イワシハラグロー(SB)

・イワシゴールド(GB)

出典:コアマン公式HP

水が透明なエリアでは「イワシハラグローSB(シルバーブレード)」を使うことで違和感なく魚を誘い出せます。水に濁りが入っているような海域や、サーフでヒラメやマゴチを狙う際には「イワシゴールドGB(ゴールドブレード)」のような濁りの中でも光が反射しやすい組み合わせを使用すれば大丈夫です。

コアマン(COREMAN)PB-13の実釣動画

スポンサーリンク

best1-コアマン(COREMAN)VJ-22

スレたシーバスをバイトにまで持ち込むことの出来るこのルアーが、
新しい領域を拓きます。VJの圧倒的パフォーマンス。間違いないです。

引用元:コアマン公式HP

潮目、かけあがり、ブレイク、サラシの中層あたりをただ巻いてくるだけで釣れてしまうのがこのVJ(バイブレーションジグヘッド)です。堂々1位のルアーです。

コアマンVJ-22のポイント

バイブレーション効果


リトリーブするとジグヘッドとワーム部分が絶妙に揺れて、バイブレーションが発生してくれます。ただでさえ食わせ能力をもつワームがバイブレーションジグヘッドとリンクし、なまめかしく振動することでシーバスを強烈に誘ってくれます。

飛距離


ワームの特性を持っているのにぶっ飛びするのがこのVJ(バイブレーションジグヘッド)です。本来ワームは飛距離が出ないデメリットがあり、竿抜けポイントはメタルジグ等で狙うという通例がありましたが、それを打ち破りました。ワームの食わせの能力を保ったまま飛距離が出るのがVJ(バイブレーションジグヘッド)です。

コアマンVJ-22の釣果

沖のかけあがり付近に向かって斜めにキャスト、中層をストップ&ゴーで通すとシーバスが釣れました。

コアマンVJ-22のお勧めカラー

・シルバーヘッド/沖堤イワシ

・ゴールドヘッド/イワシゴールド

出典:コアマン公式HP

水が透明なエリアでは「シルバーヘッド/沖堤イワシ」のようなナチュラルなカラーの組み合わせを使用し、水に濁りが入っているような海域では「ゴールドヘッド/イワシゴールド」のような濁りの中でも光が反射しやすい組み合わせを使用すれば大丈夫です。

コアマン(COREMAN)VJ-22の実釣動画

スポンサーリンク

デイゲームならコアマン(COREMAN)

デイゲームのシーバスフィッシングならコアマンと言われているくらい、日中の釣りで圧倒的パフォーマンスを見せてくれるコアマンのルアー。今後も新たな製品が登場すると思いますので目が離せません。新しい製品が出たらまた実釣してみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました