【京都】中浜漁港にてキジハタが釣れました。(2021年9月上旬)

キジハタ
スポンサーリンク

中浜漁港のキジハタ:釣り場

・京都府京丹後市丹後町中浜久僧

・アクセス:https://goo.gl/maps/ktVFY2gvTWrVSKv96

今回は京都府の中浜漁港にやって来ました。

狙いは日本海側のロックフィッシュ、できればキジハタが目標です。

京都の海は過去に何度も美味しい思いをさせてくれた素晴らしい海ですので、お勧めの釣りスポットです。

京都の根魚!ロックフィッシュポイント7選【2021年版】
2021年度の京都府下でのアオハタ、カサゴ、キジハタ、マハタ等の根魚、ロックフィッシュポイントを6選まとめてみました。 京都の海は多種多様な根魚が釣れ、景観や海も日本海特有の素晴らしさがありますよ。 (※漁港名を五十音順に並べて...
スポンサーリンク

中浜漁港のキジハタ:釣行時間

・釣行時間:PM1時~PM7時

今回は昼間から日没までの釣行になります。

スポンサーリンク

中浜漁港のキジハタ:使用釣具

・THKFISH ダートジグヘッド 5g 20個

・エコギア(Ecogear) ワーム グラスミノーM 2-1/2インチ

最近は日本海、太平洋両方とも軽めのダートジグヘッドにワームを付けたリアクションの釣りの釣果が良いようです。

個人的にエコギアのグラスミノーは数量が多く、価格も安いのでコストパフォーマンスに優れているワームなのでお勧めのワームの一つです。

そのまま使用しても良いですし、シャッドを切ってよりきびきびとしたダートアクションに変更させることもできます。

ちなみにジグヘッドに刺す際には、頭の部分をハサミで切り落としてから刺すと形が整い、アクションが綺麗にいきますよ。

THKFISHのダートジグヘッドは20個入りで、価格も安いので、根掛かりによる玉切れを恐れることなく釣りができるのでこちらもお勧めです。

スポンサーリンク

中浜漁港のキジハタ:釣り方

①テトラ帯から沖に向かってキャスト

②フリーフォールでボトムを取る。

③3回~4回竿をしゃくりワームをダートさせる。

④テンションフォールでボトムを取る。

⑤以降③④の繰り返し。

ジグヘッドの重量が軽いのでそこまで激しくアクションする必要はなく、軽く「ちょんちょん」とアクションするぐらいがちょうど良いです。

気温が暑い日は根魚もさかんに動くのは避けたいので、このように小ぶりな食べやす魚を演出するのが効果的です。

また、ほとんどの根魚がフォール中にバイトしてくるので、フォール中は特に集中するようにしましょう。

今回はこの釣法で良型のカサゴや、リリースサイズのキジハタが釣れました。

スポンサーリンク

中浜漁港のキジハタ:釣果

・釣果:キジハタ1匹、カサゴ複数匹

今回は良型のカサゴのみを持ち帰りました。

リリースサイズのカサゴも頻繁に釣れ続いたのでとても楽しい釣行となりました。

スポンサーリンク

中浜漁港のキジハタ:調理方法

釣れたカサゴは唐揚げにして頂きました。

身はふっくらプリプリ、骨はサクサクで丸ごと食べれて最高に美味でした。

レシピ詳細:カサゴの唐揚げレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました