【大阪】下荘漁港にてヒラメが釣れました!(2020年1月下旬)

ヒラメ
スポンサーリンク

下荘漁港のヒラメ:釣り場

・大阪府大阪府阪南市:下荘漁港

・アクセス:https://goo.gl/maps/1niLmHRXv6it4aeU7

下荘漁港はの波止の外向きにはテトラ地帯があり、今回はそこをメインに探索することにしました。

スポンサーリンク

下荘漁港のヒラメ:釣行時間

・デイゲーム:PM2時~PM8時

今回は日中に漁港に入ったので、まずはリアクションの釣りから行うことに。

スポンサーリンク

下荘漁港のヒラメ:使用釣具

・JAZZ(ジャズ) 尺ヘッドDXマイクロバーブ Dタイプ 3.0g

・Berkley(バークレー) ワーム ガルプ! SWベビーサーディン 2インチ チャート

僕は日中に根魚を狙う時、必ずボトムワインドを行います。

日中の根魚はボトム付近の岩陰や、海藻に隠れているので、ボトム付近でワームをダートさせて、アピールさせる釣りが効果的です。

きちんとボトムが取れていないと全く根魚が反応しないので、必ず着底を確認してください。

ただ、ボトムを頻繁に取る釣り方ですので、根掛かりは起こります。

僕は20個入りのお得用のダートジグヘッドを使用しているので、根掛かりは恐れるに足りません。

これがあると、週一回の釣行で2、3か月はもちますので、重宝しております。

(ベビーサーディンは以下の記事で紹介していますので、よろしければご参照ください。)

【驚くほど釣れる】ガルプベビーサーディン(Glup!)
反則すれすれの餌級ワームのガルプベビーサーディンの ・おすすめカラー ・保存方法 ・携行方法 などについて解説します。 一部の釣り人の中では「ガルプは釣れて当然、ガルプは餌同然、せこい!」という声が上がったりし...
スポンサーリンク

下荘漁港のヒラメ:釣り方

①キャスト後ボトムに着底させる。

②5回ダートさせ、再びボトムを取る。

③以降②の繰り返し

ボトム付近で5回ダートさせ、フォールさせると「カツンッ!」というあたりとともに型の良いメバルが釣れてくれました。

メバルは一定以上の大きさになると良い引きをしてくれるので、本当に楽しい魚です。

5回ほどダートさせ、フォールさせる、また5回ダートさせる…といった風にボトム付近を狙っていると、次はカサゴが釣れてくれました。

今回は当たりが分からなかったので、危なかったですが、無事に根に潜られることなく引き上げれました。

スポンサーリンク

下荘漁港のヒラメ:釣り方

①沖に向かってキャスト

②ボトムに着底させます。

③一度しゃくりあげます。

④1秒間に1回転のスピードでリトリーブ

夜になり、ボトムワインドの釣りから、ただ巻きのリトリーブの釣りに変更しました。

テトラ沿いにキャスト、表層付近でメバル、ボトム付近でカサゴがぽつぽつ釣れてくれている中で、沖に向かってキャストして、ボトム付近を探ってみると、「ゴンッ!」というようないきなり今までと違う重いあたりがあり、引き上げてみると、まさかのヒラメが釣れました。

ボトム付近で巻きの釣りをしていると、こんなラッキーなこともあるもんなんですね。

砂地がある場所は皆さんも念のために探ることを推奨します。

スポンサーリンク

下荘漁港のヒラメ:釣果

・釣果:ヒラメ1匹、メバル2匹、カサゴ9匹

今回はなかなかたくさんの魚が釣れてくれました。

解体はなかなか大変でしたが、嬉しい大変さでした。

スポンサーリンク

下荘漁港のヒラメ:調理方法

釣れた魚は様々な料理にしました。

ヒラメの刺身

まずはシンプルにヒラメをお刺身に。

ヒラメの身はもちもちで味が濃くて最高です。

レシピ詳細:【時短料理】釣れたヒラメのお刺身レシピ(ヒラメの捌き方)

ヒラメのカルパッチョ

ビネガーベースのさっぱりしているドレッシングと、ヒラメの味との相性は抜群です。

ヒラメのカルパッチョは定番です。

レシピ詳細:【時短料理】釣れたヒラメのカルパッチョのレシピ

ヒラメのムニエル

コツは「身から焼くこと」です。

これはヒラメだけではなく、全ての魚に言えることで、海の魚は身から、川の魚は皮からと言う法則があるそうです。

覚えておくと良いかもしれません。

身はふわふわで、ジューシーで流石高級魚といった感じの味でした。

レシピ詳細: 【時短料理】釣れたヒラメのムニエルのレシピ

メバルの松笠造り

コツは皮をしっかり炙ることです。

メバルの松笠造りをポン酢でよく食べるのですが、ポン酢に脂がサーッと広がり、皮目の脂、身の甘さ、ポン酢のさわやかな酸味が合わさって最高の味でした。

レシピ詳細:【時短料理】釣れたメバルの松笠造りのレシピ

カサゴの松笠造り

コツはしっかり研いだ包丁を準備すること。

カサゴは身の味が強いのが特徴ですが、皮にも旨味があり、松笠造りはその両方が味わえる、一石二鳥の調理方法だと思いま。

レシピ詳細:【時短料理】釣れたカサゴの松笠造りレシピ

カサゴのカルパッチョ

カサゴの身の味の濃さと、さっぱりしたドレッシング、黒胡椒との相性はなかなか良いです。

レシピ詳細:【時短料理】釣れたカサゴのカルパッチョのレシピ

メバルの味噌汁

メバルを丸ごと1匹味噌汁にしました。

メバルは最高の出汁が出るので、味噌汁ネタとしては最高です。

レシピ詳細:【時短料理】釣れたメバルの味噌汁レシピ

カサゴのバター醤油焼き

カサゴの濃厚な身の味にバターと醤油が合わさり、なかなかリッチな味わいになりました。

レシピ詳細:【時短料理】釣れたカサゴのバター醤油焼きレシピ

カサゴの塩焼き

帰宅が遅かった日にはこれに限ります。

カサゴの旨味がダイレクトに味わえますよ。

レシピ詳細:【時短料理】釣れたカサゴの塩焼きレシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました