【ライトゲーム】遠投!フロートリグ

ライトゲーム

軽いジグヘッドをキャストしている時に

「もっと遠くに仕掛けを飛ばせることができれば…」

ということをライトゲームを始めた方なら一度は思うことがあると思います。

特に沖にブレイク(深場)がある浅いごろた浜で釣りをするときは、0.5gの軽いジグヘッドを遠投できないと話になりません。

そんな時に使用しているアイテムを紹介します。

スポンサーリンク

遠投を攻略するフロートリグ

・使用フロートリグ

僕はこういった時「Arukazik Japan(アルカジックジャパン) シャローフリーク F-15.0g」を使用します。

このフロートリグは重さが様々あり、8g~17gくらいのものまであります。

僕のお気に入りは15.0gのフロートリグです。

価格が約380円で、15gなのでなかなかな飛距離を出すことができ、コスパがよいからです。

スポンサーリンク

フロートリグの作り方

①PEとリーダーを結線する。

②リーダーの余った部分にフロートを結びます。

③リーダーの長い方にはいつも通りにジグヘッドを結びます。

※その日の魚の水深や、テンションに合わせて0.5g~2.0gのジグヘッドを使い分けて、反応の良いものが分かったらそれを使用します。

これを開発し、低価格で量産してくれているアルカジックジャパンには感謝です。

この仕掛けは遠浅のごろた浜や、沖にしもりのあるサーフなどで大活躍してくれます。

※遠浅のごろた浜は時には根掛かりすることもあるので、釣りに行く時は3~5個程保有することを推奨します。

スポンサーリンク

フロートリグでの釣果

この日は南紀勝浦周辺の遠浅のごろた浜に行っており、沖のしもり付近をこのフロートリグでランガンしていると

尺メバルが釣れてくれくれました。

かなり沖の方にあるしもりを狙ったので、フロートリグの仕掛けがないと到達できない地点でした。

結果としてこの日は尺メバル始め、デカメバルが3匹ほど釣れてくれました。

全て沖の方で釣れたので、この仕掛けの威力には感無量です。

スポンサーリンク

まとめ

夜に遠浅のごろた浜やサーフで釣りをすると、このように大きなメバル等を釣ることができます。

そんな時はフロートリグが大活躍するので、ぜひ皆さんもこのリグを使用してみてみてはいかがでしょうか。

・Arukazik Japan(アルカジックジャパン) シャローフリーク F-15.0g

コメント

タイトルとURLをコピーしました