【ライトショアジギング】おすすめメタルジグ3選

ショアジギング

これまで様々な釣果を引き出してくれたお勧めメタルジグを3選紹介します。

使い方次第で釣れない状況を打破してくれるメタルジグ、今回は安定した釣果を上げてくれるメタルジグをラインナップしました。

スポンサーリンク

おすすめメタルジグ:ジグパラスロー

1つ目はメジャークラフト ジグパラ スロー ブルーピンク 30gです。

ジグパラスローはフォームがへん平な形をしているので、フォール中に「ひらひら」と落ち、太陽光を反射する回数が多いのと、フォール速度が遅いので、魚にアピールする頻度が極めて高いメタルジグになります。

また、1つに良く釣れるメジャーカラーのピンクとブルー2つを採用しているので、本当に釣果に特化したメタルジグです。

過去にこのメタルジグで鯛が釣れたこもあります。

他にもオオサバや太刀魚等々、様々な場面で活躍してくれる、信用しているメタルジグの1つです。

スポンサーリンク

おすすめメタルジグ:メタルマル

2つ目はブリーデン メタルマル 19g ブルーイワシです。

このジグの最大の特徴はテールにあるブレードです。

このメタルジグはスピンテールジグの要素も掛け合わせているので、集魚効果が圧倒的です。

また通常のスピンテールジグはこのスプーンの部分にフックがないために、魚のフッキング率が低くなる傾向にあります。

これまでこのルアーで様々な魚を釣って来ましたが、ほぼ全てこのスプーン部分にフッキングしていました。

そこも想定した造りになっていると推察されます。

僕は過去にこのメタルジグでヒラメが1日で3匹釣れました。

このメタルジグは青物だけでなく根魚も釣れたりするので、非常に強力で万能なアイテムです。

スポンサーリンク

おすすめメタルジグ:ネコメタル

3つ目はイッセイ海太郎(Issei Umitaro) メタルジグ ネコメタル ルアー イワシです。

 

このルアーの名称の由来はねこそぎ釣れるメタルジグ = ネコメタルというところにあります。

実際かなりの釣果を上げてくれます。

このルアーの最大の特徴は、リア部分とフロント部分でラインを結ぶ向きを変えられるというところにあります。

フロントの太い方に結ぶとひらひらととゆっくりフォールし、アピールする時間が増えます。

一方でリアの細い方に結ぶと、フォールスピードが速くなるので、水深が深い所や、潮流の速い所でボトムを取る際に有効に使えます。

このルアーで過去にはイナダ等が釣れました。

他にも根魚など、様々な釣果実績があり、愛用しているメタルジグの1つです。

スポンサーリンク

おすすめメタルジグ:メリット

メタルジグのメリットは遠くまで飛ばすことができるということです。

他の釣り人に荒らされていない竿抜けポイントまで、遠投できるんです。

結果としてすれていない魚影が豊富なポイントを狙えます。

また、重量の割りに体積が小さいので風の影響を受けにくい所も良い点の1つです。

僕はよく強風の時にメタルジグで対処したりしています。

スポンサーリンク

おすすめメタルジグ:デメリット

メタルジグのデメリットは根掛かりし易いというところです。

釣り具メーカーはメタルジグで儲けてるんじゃないのかってくらい根掛かりします。

ただし対象方法はあります。

リアフックをトレブルフックからシングルフックに代える。

これだけで劇的に根がかり率が下がります。

フッキング率はさほど下がっておりません。

また、ボトムに着底したときに素早くしゃくりあげるといった対応方法も根がかり率を下げてくれます。

ボトムで長いことじっとさせると潮流で流されてひっかるのが主な根掛かりの原因という話もあります。

スポンサーリンク

まとめ

「ジグパラスロー」「メタルマル」「ネコメタル」

これらを使って竿抜けポイント等を狙ってみてください。

なぜか今日は釣れない…といったときに、思わぬ釣果が上がったりしますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました