【ライトゲーム】ショートバイト対策

ライトゲーム
スポンサーリンク

ショートバイト対策

「あたりはあるのに乗らないな…」という経験、ライトゲームをしている方々なら一度あると思います。

特に魚が渋いときは食いが浅くて本当にジグヘッドの針にかかってきません。

しかもこういう時ってまあまあ頻繁にあります。

魚って人と違って手がないので、何かを食べれるかどうか、怪しいかどうかを確認する時に口を使って確認するんです。

そんな警戒心MAXの浅いバイトに針が掛かるわけありませんよね。

こんな「魚はそこにいるのに…」というもどかしい時の攻略法があります。

スポンサーリンク

ショートバイト対策には鬼爪

ショートバイトへの対策として「がまかつ-アシストフック-サポートフック鬼爪」を使用します。

がまかつから発売されているこれ、ジグヘッドに装着専用のアシストフックなんです。

針の方の紐を引っ張ることであらかじめ設定されている輪っかが締まります。

ジグヘッドの針の部分に輪っかをかけて締めることで装着できます。

また、輪っかにちょろっと出ている紐があり、それを引っ張ることで輪っかが開くので、取り外すこともできます。

もう直感的にお分かりになったと思いますが、魚のショートバイトってワームのしっぽの方を食ってきますよね。

このサポートフックの位置、ちょうどワームのしっぽの上に来るんです。

これはもはや魚にとっては逃れようがありません。

口で食べれるかどうか確かめた瞬間にかかるのですから…。

これを考案したがまかつには本当に感謝してます。

スポンサーリンク

ショートバイト対策の釣果

串本でアジングをした際にこれに助けられました。

というのもほぼ全て鬼爪にかかってきていたからです。

これがなかったら釣果は激減していました。

アジって結構な頻度でショートバイトが多いんです。

左のムツもほとんどが鬼爪にかかってました。

もちろんアジ以外にもメバルやカサゴのショートバイトにも効力を発揮します。

釣り具バックに一つ忍ばせておくと、いざというときに大活躍してくれます。

スポンサーリンク

まとめ

これまでにショートバイトで悔しい思いをした方、今釣りをされているエリアではショートバイトが多いと思われている方、是非一度お試しください。こいつの効力は見た目以上です。

こっそり装着して、ライバルとの釣果の差をつけてやりましょう。

・がまかつ-アシストフック-サポートフック鬼爪

コメント

タイトルとURLをコピーしました